加齢によるひびや乾皮症に効果的な医薬品ですが、肌のバリア機能のサポートや年齢問わず皮膚トラブルのケアにも使用できますので、肌の症状を抑えたい方はぜひチェックしましょう。

有効成分としてヘパリン類似物質が配合されていて、手足の荒れやひび、角化症やあかぎれ、乾皮症などの症状を改善できますよ。

外用薬なので、1日数回ほど患部に適量を塗り込んで使用しますが、目の周りや粘膜に入らないように気をつけて使いましょう。

5、6日ほど使用しても症状が改善しなかった場合や皮膚に副作用の症状が出た場合には使用を中止しましょう。

血液の疾患を持っている人は、症状が悪化する危険性があり副作用が起こりやすいと言われているため使用できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る